« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

今朝も積もりました。

週末からちらちらしていた雪。

日曜日は、風も強く、『この分じゃ明日は積もらないね』と、話していたのですが、

110131_082601 今朝の家の前の道路です。

朝早く出かける大ボスからは『他の車が通ってないところを選んで走れば滑らないと思うよ』という電話があったので、大丈夫かと思ったのですが、ベランダでは5センチほど積もってる…

とりあえず、保育園に行く用意をして車庫まで行きましたが、大ボスが朝、車を出した跡が新しい雪で埋もれて見えなくなるくらい、また降ってたんです。

うちの前から、通りの多いところまでは約200メートル。

そこまで歩いて様子を見に行きました。

いやはや、通りの多い信号までは、車の跡がない…。

信号からは急な上り坂…。

こりゃこりゃ、今も降るし…。帰りも心配…。

ってことで、『すみません、こわくて出られません。休みます』。

と、欠勤の電話をかけてしまった根性無しです

ダメダメですねぇ…。

その後は、頭痛がひどくて、ずっと横になってました。

なんてこったい…。

元気なのは、庭のワンズだけでした。

110131_082702_3

2011年1月30日 (日)

モモ姉ちゃんのお言葉。

110129_213001『歳の順に整列よ!!』

『最近、生意気な態度の目立つ、下、2人っ』

『あたくしのいうことを、よく聞きなさいっ』

『一番、あったかい、寝心地の良さそうなところは、あたくしに譲ること』

『ごはんも、我先に~と走ってくるのではなく、あたくしが一番先に落ち着いて食べられるように、整然と猫部屋に集合すること』

『あたくしが、ゆっくり昼寝をしているときには、あたくしにちょっかいを出さないこと』

『いいですね』

      by  モモ姉ちゃん。

2011年1月29日 (土)

ポンちゃんっ!!!!!!!(@_@;)

110129_145502 ねえねぇ、ポンに見えませんか?

今日は、とっても久しぶりにマイケルさんちに遊びに行きました。

リビングには、大きなケージが2個あり、いつもいる真っ黒の大きなニャンコと、子ネコちゃんが、『里親探しの会』のために、ケージに入っているのですが・・・。

今日は、そのケージの一つに『ポンちゃんを発見っ』

大きなふっくらとした体つきと、ちっちゃいしっぽ。

横顔が鼻筋のラインもポンにそっくり。

ケージからちょこちょこ出してくる手や肉球の色もそっくり。

泣いちゃいそうなくらい、嬉しかったです。

このポンちゃんそっくりな子は『ハクちゃん』という名前だそうです。

マイケルさんが保護して去勢手術のために病院に連れていかれたそうですが、その時の血液検査で『白血病のキャリア』であることが分かったと…

まだ、発病しているわけではないので、元気ピンピンで、まるまると太って元気です。

ただ、里親探しの会に連れていくと…。

ちょっといろんなことを心配しなくちゃいけないので、マイケルさんちで待機中とのこと。

予防接種さえしておけば、大丈夫かも…とは思うのですが、なかなか、ニャンズ軍団の中に入れる勇気は出ませんでした…。

ごめんね、ハクちゃん。

キャリアであっても、必ずしも発病するわけではないので、『多頭飼いでない』ご家庭が里親さんになってくださったら…と、ハクちゃんの幸せを願うばかりです。

が。

ワタシとしては、マイケルさんちに行ったら、元気で大きい体だったころのポンちゃんに会える気がして、これからもずっとマイケルさんちにいてほしい気持ちもどこかにあります。

今夜はポンちゃんとの楽しい夢を見ることができそうです。

年末。モモ姉ちゃんのワクチン接種の折に、主治医のM先生にポンのことをもう一度尋ねてみました。

『先生。ポンは、結局、どういうことで亡くなったのでしょうか…。

 体重も戻りかけたのに。体重が減ったことで衰弱したのだとしたら、

 もっと早くからお刺身をあげたり、何か他にできることはなかったのだろうかと、今でも後悔しています。

 もう一点。ポンの余生があとどれくらい…という見立てが先生の中にはおありだったのですか?あまりにも、ワタシがノウテンキなことばかり言うので事実を言い出せなかった…なんてこと…ありましたか?』

と。

M先生は、

『ポンちゃんは、たぶん、鼻腔内に腫瘍があった可能性が高いと思います。

というか、そう考えるのが妥当だと思います。

あの、体重の減少の様子は、ただの鼻炎とは思えませんでした。

なので、仕方がないことだったと思っています。

検査もポンちゃんの性格を考えると無理でしたし、ご家族も検査は望まれませんでしたよね。また、ガンだとわかっても治療も無理でした。

手術も無理だし、放射線治療を受けるとしても麻酔が必要となるとポンちゃんには苦痛でしかなかったでしょう。それも、ご家族は望まれませんでしたよね。

最後、お母さんの腕の中で旅立つことができて、ポンちゃんは、ほんとに幸せな子だったと思いますよ。

ポンちゃんの余生については、8月の終わりごろの体重の減り方から、厳しいなぁ…と思ってはいましたが、どれくらい…という予想はできませんでした。

ただただ、お母さんの腕の中から旅立てたということが、救いだったと思います。

力が及ばず、すみませんでした。』

とおっしゃいました。

『鼻腔内の腫瘍』という言葉を聞いて、

ああ、やっぱり…という思いと、ほっとしたというと変ですが、

『もう、ほんとにそれがポンの寿命、運命だったんだね』

と、受け止めることができました。

『鼻炎』からの食欲不振で体重が減って衰弱してしまって命を落としたのだとしたら、ほんとうにほんとうに、自分のやってきたこと、いや、やらなかったことが悔しくて悔しくて、たまらないところでした。

『人間の食べ物は与えない』

という、思い込みから、お刺身などを早くからあげなかったことを、とてもとても後悔していたからです。

1年の終わりに、先生からの言葉で気持ちの整理をつけさせていただいたことで、ワタシはすっきりしましたが、ポンちゃんはどうだったのかな…。

いやいや。

ポンなりの猫生を一生懸命生きてまっとうして、幸せに旅立って行ったと思うことにしましょう。

そして、ハクちゃんの姿を借りて、再びワタシに会ってくれたのだと思うことにしましょう。

ハクちゃん、発病しないで、いつまでも元気で過ごしてね。

ハクちゃん、また会いに行くよ。

110129_145701

本物のポンちゃんはこちら↓

080320_15350002

2011年1月28日 (金)

ニャンズとお昼寝。

110102_15260001tr_2 なんといっても、一番幸せなのはニャンズと一緒にお昼寝する時間。

モモ姉ちゃんとは、枕の共有ができます。

ルイスは、膝に抱っこされるのは嫌いなくせに、布団の中に入ってくるのは好きなようです。

リンゴは、足元で足を枕にするのが大好きです。

タイがいませんねぇ…。どこで油を売ってるのか・・・。

2011年1月27日 (木)

スンちゃ~ん❤

 韓国ドラマ『IRIS』というと、どうしても、イ・ビョンホンと、キム・テヒが主人公扱いで取り上げられて、スンちゃんファンのワタシとしては、寂しい思いをしていたのですが…。

 別館ブログ『いちごSTUDIO』をかいているAmebaで『韓国ドラマファンクラブ』というコミュニティを立ち上げて、今1300人を超えるメンバーがいるのですが、その中で特にやり取りをしているお友達から送ってもらったスンちゃんの画像が、宝物です

 スンちゃん=キム・スンウ氏のファンというのは、かなり少数でマニアックなので、貴重なお友達なのであります。

 このドラマ、今映画も公開中だと思いますが、鹿児島では上映する映画館がない…。

 また、韓国での評判が高かったので続編のドラマが作られてるはずですが、キャストがほとんど入れ替わってるので、スンちゃんの出番がない…。

 私にとっては、大事な大事な『スンちゃん』です

ワン・ニャン・チュンの記事も、順次書いていきますね。

ぼちぼち、待っててくださいニャ~

2011年1月24日 (月)

フルフルインフル・・・

できれば避けたい『インフルエンザ』。

家にいるだけなら、なんとか避けようもありますが、そろそろ足音が聞こえてくるような…。

保育園でのお仕事ですが、『本人が発病』してれば、もちろんお休みですよね。

でも、『家族が発病』してる場合、園児は登園するわけで。

そのお子さんのことを考えると、発病してる家族と一緒に過ごすよりも、保育園にいた方がいいわけで。

でも、もしかしたら、ウィルスの運び屋さんになってるかもしれないわけで。

『とりあえず、マスクしててね』

っていう処置になってますが、幼い人たちに鼻まですっぽり覆ってしまうマスクは、とても苦しいものですよね。

意味もよくわからないし。

いつの間にか、マスクを外して走り回ってます。

給食の時間も、『おしゃべりせずに静かに食べなさい』なんてことは3歳児には無理無理。

夏から秋にかけて、いろんな風邪でダウン続きでしたが、今は、インフルエンザに戦々恐々としてるところです。

『自衛』のためのマスク、手放せませぬ…。

みなさま、お元気でお過ごしですか?

たくさん食べて、たくさん寝て。とにかく、うがい・手洗い。

外出から帰ったら、着ていた服は全部脱いで洗濯機へ。

できることは何でもしなくっちゃ。

Ca3c000310p

2011年1月23日 (日)

今年は…ヽ(^o^)丿

  いよいよ始まりました、2011年。

って、もう何日たってるんでしょうか

  かなり、放置が続きましたが、これから、また、日常をだらだらと書いていきますので、どうぞ、お見捨てなきよう…よろしくお願いいたします。

  さてさて。 とても懐かしい『兎のダンス』から、スタートしました2011年、初の記事ですが。(初めて聴く人も多いかもしれないですね

  今年は、ワタシの周り、『出産ラッシュ』らしいです

暮れから、年明けにかけて、『嬉しいお知らせ』が続き、あまりの嬉しさに、びっくりして返信メールを打つ手が震えるほど

  去年は、初の『スズメの子育て』に始まり、(このときには、『人間の赤ちゃんの子育てより期間が短いから頑張って』と励まされたんだっけ…)パート保育士への挑戦と、ワンズ・ニャンズ以外の『子育て』に関わったことが大きな挑戦でした。

  きっと、今年のこの『出産ラッシュ』に備えて、『赤ちゃんの神様』が、『練習しときなさいよ』っていうお導きをされたのだと思います。

  実家の母は、兎年。 今年は、歳女だね~なんて、思っていたところですが、兎年の赤ちゃんがいっぱい登場しそうです

  今年は、ワタシの周りにいっぱいウサギちゃんが誕生する予定です。

楽しみな一年になりそうです。

さ、保育園、『クビデス!!』って言われないように、がんばっていかなくっちゃ~

 

  そうそう、ワンズ・ニャンズ・チュン・大ボス。みんな元気です。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »