« 2013年12月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月28日 (水)

食べて!食べて!

食べて!食べて!
食べて!食べて!
とても参加したかったお茶会…。涙をのんで、お猫様にお仕え中です。

自宅での皮下点滴も、上手に刺せるようになりました。

そんな最中に大ボスが大噴火しました。

家出…離婚…といろいろな思いでボーッとしながら数日過ごしました。

休日。庭の草むしりをしていた大ボスが、スズメ様を保護!

1日のうちに3羽、同じ場所に落ちていたのです。
鳴き声をあげていた一羽だけを保護することができました。

赤裸の子からの子育てはたいへんでしたが、もちょっとして巣立ちかも…というくらいの子だったので、人見知りされて強制給餌がたいへんでした。

でも、コツがわかったのでもう大丈夫!

巣が二階の屋根瓦の間にあることで、巣に帰すことは不可能でした。
常連のカラスが2羽いること、外猫ちゃんも多いので、かごに入れて親鳥に外から餌を運ばせるというのも、無理でした。

朝寝坊、お昼寝ができなくなりました。

スズメ様時間で行動しないといけないので、泣きそうです…(T_T)。

起きてすぐに、スズメ様に「食べて!食べて!」
庭のハナ姉ちゃんに薬の入った缶詰めを「食べて!食べて!」
モモ姉ちゃんには、皮下点滴途、一日三回の薬。2回のサプリメント。2回の傷口への軟膏。気分良さそうなときに、頑張ります「食べて!食べて!」

別館にいけば、両親に「今日は何食べた?たくさん食べた?美味しかった?」

特にモモ姉ちゃんとスズメ様は安定するまでは、一つ一つ小さなこともメモしながらのお世話です。

なにがなにやら〜>^_^<。な毎日ですが、モモ姉ちゃんが缶詰めをたくさんペロペロしてくれたときの嬉しさ。
スズメ様が口をパックリ開けて羽をパタパタさせながらもりもり食べてくれるのがとても可愛らしくて、ガンバル力になります。

「食べて!食べて!」

食べないと元気にならないからね!

2014年5月10日 (土)

メモメモ。

6日、ごはんを食べない。

7日、やっぱり食べない。

8日、皮下点滴。
   リンの他の2項目測定不能

9日、皮下点滴。昨日より少しずつ動きにスピードが。
でも食べない。
けど、顔を見上げてごはんを要求する鳴き声。

10日、リン下がる。
他の2項目は変わらず測定不能。
食べていないので、低タンパク血症。
ゆえに、輸液の吸収が悪い。
ゆえに、気分悪い。
ゆえに、食べない。
ゆえに、……。の悪循環。
24時間の静脈点滴に切り替える。
入院のストレスで食べない子なので、強制給餌のために咽頭チューブを入れる。
5分程度の軽い麻酔で。
朝夕50CC程度の流動食をチューブから。
毎回鼻からチューブを入れたり、押さえつけての給餌よりもずっとストレスは軽いはず。
鳴くこともできるし、エリザベスカラーで、家でもすごせる。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年6月 »